Windows Serverはレンタルサーバーを使う時代

シーズホスティングサービスの法人向け専用サーバー

Windows Serverは自社で購入するものと、思っていませんか?これからは賢くレンタルする時代です。

Windows Server運用で、こんな問題ありませんか?

シーズホスティングサービスがその悩みを解決します!

レンタルで使うWindowsサーバー6つのメリット

メリット1

低コスト

レンタルサーバーだから購入費用が不要!

Windows Serverを購入する際、「予算の問題などから、なかなか導入の承認がおりない」という事態が発生する場合があります。しかしサーバーを購入するのではなく、レンタルサーバーを利用することで導入時の高額な購入費用は不要です。さらにレンタルで長期利用した場合、匡体が古くなっても新しいサーバーへリプレースも行えるため、常にスペックの高いサーバーを利用でき、トータル的な予算を大幅に削減いただけます。

メリット2

スピード

必要なスペックのサーバーがすぐに揃う!

Windows Serverを用意する時、サーバー購入の許可が下りても、必要なスペックを満たすサーバーがすぐに調達出来ない場合があります。シーズホスティングサービスが提供するWindowsサーバーなら、ハイスペックなサーバーを提供しているため、ご希望のスペックを持つサーバーを、中一営業日でご準備いたします。

【 サーバースペックの一例  セルフマネージド付き スタンダードモデルの場合 】

Windowsサーバー
(専用サーバー)
CPU メモリ HDD セルフマネージド
Xeon E3-1260L v5 32GB SATA 1TB 月額 ¥28,000

※上記はスタンダードモデルの税抜価格、6ヶ月以上ご契約の場合のものです。短期ご利用の場合、別途初期費用が掛かります。

メリット3

管理不要

面倒なライセンス管理を任せて安心!

ライセンス管理不要 自社で運用する場合、面倒な作業としてCALやOSのライセンス管理があげられます。
Windows Server OSのライセンスをプロセッサライセンスで提供しているため、CALを購入する必要が無く、ユーザー数の増減も気にせずにWindows Serverをご利用できます。
搭載OSはWindows Server 2008 R2 Standard、Windows Server 2008 Standard、Windows Server 2012 Standard、Windows Server 2012 R2 Standardから選択でき、SQLServerもお手頃な価格でご利用いただけるオプションをご用意しています。

メリット4

環  境

root権限付きで自由度抜群のレンタルサーバー

オープンソースインストール「自社にサーバーを設置しておかないと使い勝手が悪い」と思っていませんか?
シーズホスティングサービスのWindowsサーバーは、お客様にroot権限をお渡しするため、社内にサーバーを設置していると同様にお使いになれます。
例えばアプリケーションソフトをインストールしたい場合、MSの製品はもちろん、オープンソースのphp、MySQL、Perlなども、お客様で自由にインストールを行っていただけます。
また、電源のOFF/ONや仮想コンソールの操作が可能な、リモートコンソール機能を無料で提供していますので、サーバーが自社にあるのと変わりない自由な環境です。

メリット5

構  成

目的に合わせた複数台構成にも対応

複数台構成 シーズホスティングサービスのWindowsサーバーは、ご利用用途に合わせて、複数台構成に対応しています。例えば、負荷分散や冗長化を目的とした構成や、高セキュリティ環境の構築を目的とした構成、万が一のトラブルに備えた遠隔地バックアップ構成など、お客様のご利用目的に合ったサーバー構成に対応します。

メリット6

トライアル

60日間サーバー無料お試しサービス

シーズホスティングサービスでは導入前に、本番環境と同じサーバーを使って、サーバー性能や動作環境、サポート品質を無料でお試しいただけるサービスをご提供しております。弊社のホスティングサービスが自社のビジネスに合っているかどうか、まずは実際のサーバー環境でお確かめください。

※お試しサービスは、サーバーの性能やシステムの動作環境などを検証いただくものです。お試し期間中の本番運用は行えません。

60日間お試しサービス

Windowsサーバー詳細はこちら

フリーダイヤル0120-044-412

メールでのお問い合わせ