セルフマネージド

OS・ソフトウェア・監視項目

OS・ミドルウェア

[ CentOS 標準インストール対応ソフトウェアパッケージ ]

OS CentOS7 64bit版
HTTP Apache 2.4
メール(MTA) Postfix 2.10
CGI・開発言語
  • Perl 5.16
  • php5.4
データベース
  • MariaDB 5.5
  • PostgreSQL 9.2
  • ※ご利用開始時期により、ソフトウェアのバージョンが変更となる場合がございます。インストールパッケージは提供OS標準パッケージとなります。最新のソフトウェアバージョンはインストールソフトウェア情報 をご覧ください。

[  ご利用可能な Windows OS  ]

OS Windows Server 2008 Standard / Windows Server 2008 R2 Standard / Windows Server 2012 Standard / Windows Server 2012 R2 Standard

[ オプションソフトウェア(有料) ]  ( 専用サーバー・VPS )

コントロールパネル Plesk12.5

監視項目

死活監視 Ping

※お客様にてping応答を停止した場合、監視対象外となります。

リモートコンソール

専用サーバー・Windowsサーバーご契約の場合、電源・コンソール操作をリモートで行える機能を備えたリモートコンソールをご利用になれます。

仮想コンソール機能 設定ミスなどでSSHやリモートデスクトップにアクセス出来なくなった場合でも、仮想コンソールを利用することでサーバーにアクセスしサーバーを操作することが可能です。
電源操作機能 専用管理画面よりサーバーの電源操作が可能です。そのため、障害などで急な電源の操作が必要な場合もお客様が好きなタイミングで電源のOFF/ONを行うことができます。
  • ※注意:リモートコンソールのご利用は電源操作機能、仮想コンソール機能のみご利用ください。仮想コンソールを利用したBIOS設定やその他の機能使用による、サーバー復旧作業費用は有償となります。
  • ※ご利用中のサーバーへも無料でご利用いただけます。その際、IPアドレスの変更、設定変更に伴うサーバーの再起動が必要となる場合がございます。詳細はお問合わせください。(一部対応していないモデルもございます。)

お客様の要件に最適なサーバーとマネージドサービスをご提案いたします。

お問い合わせ・ご相談フォーム フリーダイヤル 0120-044-412

PAGE TOP