BCP対策

BCP(事業継続計画)のための最大のカギは?

企業が「事業を継続する」ために必要なことは、障害となる事柄を予見し未然に回避する、または対応策を講じることですが、最も脅威となるのは、予期できない災害や人災により事業継続出来なくなるケースです。こうした緊急事態に損害を最小限に留めて事業を継続させる取り組みであるBCP(事業継続計画)ですが、中でも重要視すべきは、これまで培ってきた様々な情報データを損失させないことです。企業が情報資産であるデータを失うことは一時的なサービスの停止だけでなく、事業の継続自体を困難にするため、何としても回避しなくてはなりません。危機的状態において、データの安全を確保し、迅速に復旧を行えるか?という点が事業継続に繋がる大きな鍵となります。

情報データの二重化と復旧への対応策

万が一の災害時、データを管理し保存している拠点が自社オフィスと仮定して、どういう事態が想定されるでしょうか。物理的な障害はもちろん、停電などによる電力供給の停止、復旧のための人の確保など様々な課題と障害が考えられます。その際、データを社外の安全な場所で管理することも最善ですが、中でも懸念すべきはバックアップの有無についてです。唯一のデータに何かしらの障害が発生した時、状況によっては復旧の見込みは限りなく難しいものとなります。そこでまず見直す点はデータの二重化と管理方法、次いで復旧させる手段を事前に取り決めることです。これにより最悪の事態を回避することが出来ます。

簡単に導入できるBCP施策

データーセンター活用によるデータの保護

データセンターと呼ばれる専用の施設にサーバーを設置することで、サーバー本体の安全確保と電力の安定提供が行えます。不測の事態が発生した場合でも、サーバー本体への物理的な障害対策になりデータも安全です。

  • サーバー本体の物理的な安全対策を整備
  • 停電が発生した際にも、サーバーの利用が可能

データセンター


遠隔地バックアップで備える安心感

例えば東京と北九州といった、離れた2つのデータセンターを利用し、大切な情報データを遠隔地でバックアップします。一つの拠点に万が一のことがあっても、遠隔地からデータを復旧することが可能です。

  • 離れた拠点に分散してデータを保管
  • バックアップデータの世代別管理可能

遠隔地バックアップ


専門家による確かなサーバー管理

高度な技術と専門知識を持つ専任のエンジニアが、サーバーの保守・運用をしっかりサポートします。サーバーのセキュリティ対策やデータの世代別バックアップ、障害時の復旧作業などを行います。

  • 重要なデータが保存されているサーバーの管理体制を構築
  • バックアップサーバーからデータを復旧作業

専任エンジニア


BCP対策に使えるプラン

シーズホスティングサービスでは、BCP対策に適したプランやサポートを取り揃えております。
データファイルやメールなど、様々な情報資産を安全に運用していくことで、お客様の事業継続をお手伝いします。

ファイルサーバープラン

セキュアメールサーバープラン


BCP対策のご相談など、まずはお気軽にお問い合わせください

BCPお問い合わせフォーム フリーダイヤル 0120-044-412

PAGE TOP