オプションサービス

CentOS7 延長サポート(2024年7月1日 提供開始予定)

› CentOS6の延長サポートはコチラ

脆弱性が発見された場合のセキュリティリスクを軽減

CentOS7のEOLは2024年6月30日を予定しています。
本オプションサービスではCentOS7に重大なセキュリティーホールが発見された場合、ベストエフォートで修正パッチを提供するため、引き続きCentOS7環境を安全に使い続けることができます。

セキュリティパッチについて

■フルマネージド・ライトマネージドをご契約の場合

セキュリティパッチは定期メンテナンス(年3回)時に適用します。
緊急度が高いと弊社で判断したセキュリティパッチは適時対応いたします。

■セルフマネージドをご契約の場合

お客様にてアップデートを行っていただけます。

対象パッケージ

CentOS 7の延長サポートでは、以下のようなパッケージ(一部を抜粋)が含まれており、他にも多くのパッケージに対応しています。詳細なリストや追加のパッケージに関する情報が必要な場合は、お気軽にお問い合わせください。

対象パッケージの例
  • acl
  • acpid
  • attr
  • audit
  • authconfig
  • basesystem
  • bash
  • bc
  • bzip2
  • cyrus-sasl
  • dmidecode
  • gcc
  • glib2
  • glibc
  • groff
  • httpd
  • logrotate
  • lvm2
  • nfs-utils
  • nspr
  • ntp
  • openssh
  • openssl
  • pam
  • perl
  • php
  • python
  • rsync
  • rsyslog
  • setserial
  • setup
  • tzdata
  • wget
  • yum-metadata-parser
  • zlib

延長サポートご利用と料金

CentOS7 延長サポートについて

日程
延長サポート
開始日
2024年7月1日〜 ※予定
延長サポート
提供終了予定日
2028年6月30日 ※予定
  • ※本サービスのセキュリティパッチはサードパーティーから提供されます。全ての脆弱性についてパッチが提供されることを保証するものではございません。また、すべてのセキュリティパッチ提供を保証するものではございません。
  • ※パッチ適用により生じた不具合について一切の保証はございません。

料金について

[ 対象サービス ]

専用サーバー・Cloud For Business・AWS  
※弊社でご契約いただいているCentOS7搭載のサーバー

  料金
1サーバー
(契約は1ヵ月単位で可能)
月額 6,000円 (税別) ※予定

※弊社契約サーバー以外でのご利用についてはお問い合せください。

ご契約及びお支払について

  • CentOS7 延長サポートの最低利用期間は6ヵ月です。
  • ご利用料金はお申し込み当月分より発生します。
  • 利用月の前月末締め、利用月末払いです。
  • ご契約は1ヵ月単位です。ご解約は解約希望月の1ヵ月前までにお申し出ください。

ご希望のお客様はフォーム
またはお電話にてお申し込みください

お問い合わせ・お見積りフォーム フリーダイヤル 0120-044-412

TOPに戻る