データセンター情報

サーバー本体の安全を確保する、災害にも負けないデータセンタ

情報資産の保全がビジネスに大きな影響を及ぼす現在、予測できない自然災害や火災、また不法侵入などの脅威から、お客様のビジネスに欠かせない情報資産をしっかり守るため、シーズホスティングサービスでは、万全のセキュリティ対策が施されたIDCフロンティアの東京有明第一データセンターと白河データセンターを利用しています。

ネットワーク上流でDDoS対策を実施

IDCフロンティア

データセンターでは、安定したネットワーク環境の甚大な脅威となるDDoS攻撃についても、検知から防御まで自動で実行しており、データセンターご利用のお客様の通信状況の安定と安全をしっかりプロテクトします。

お客様の事業継続と大切な情報資産を守るためにも、シーズホスティングサービスでは、設備と技術に万全のセキュリティ対策を施したデータセンターを活用しております。


東京有明第一データセンター

特長1  抜群の耐震性

東京データセンター外観

広域的な防災拠点として安全性の高い、東京都・都心エリアに立地されており、東京都整備局発表の危険度特性評価でAAAを獲得しているデータセンターです。また、臨海副都心の防災基本計画に基づいた高潮対策や液状化対策が施されており、大規模災害発生時においても万全の防災機能を備えています。


特長2  高性能な電源設備

東京データセンター電源設備

1000KVAの容量を持つUPS(無停電電源装置)を通じて電気を供給しています。非常用電源として緊急切替用バッテリーや備蓄燃料など、連続18時間運転可能なガスタービン発電機を備えており、万が一の時にも電力の供給が途切れないように対策をとっています。

特長3  完全冗長性の空調システム

東京データセンター空調システム

サーバー管理に必要不可欠なものである最適な空調を保つため、冷却システムを中心に複数のユニットを備える多重空調管理環境をご用意しています。


特長4  万全の耐火対策

東京データセンター耐火対策

空気中の微粒子を感知する事で、火災を予兆レベルで警報を発する超高感度煙検知システムの導入や、機器等に損傷を与える事無く消火可能なガスベース消火システムの導入を実施。万全の火災対策を行っています。


特長5  厳重なセキュリティ対策を完備

ICカードによる入退室制限・24時間常駐の警備員、監視カメラによる24時間監視システムや設備監視システムを導入。情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格であるISO/IEC27001:2013(JIS Q 27001:2014)および、ISMSクラウドセキュリティ認証であるJIP-ISMS517-1.0(ISO/IEC 27017:2015)を取得しており、高度なセキュリティ環境及びITサービスマネジメントを提供。

白河データセンター

特長1  ディザスタリカバリに最適な災害の少ない安定した環境

国内でも大地震が発生する確率が非常に低いとされる白河。内陸に位置し近隣に海や河川もないため、自然災害リスクの少ない安定した環境です。また電力供給事業者を分散できるため、万一の大規模災害時のリスク軽減にも役立ちます。さらにバックボーンには首都圏迂回ルートがあり、万が一の首都圏災害時は迂回ルートで通信ダウンを回避できるのでディザスタリカバリ用途に最適です。

白河データセンター

特長2  高性能な電源設備

非常用発電設備

データセンターの電力は電力会社から複数系統で受電しています。UPSおよび非常用発電機を冗長構成(N+1以上)で設置しており、非常時においても継続的な電力供給が行えます。あわせて燃料の備蓄も十分に備え、燃料の優先供給契約により継続的な電力供給を行います。

特長3  最先端の空調ソリューション

データセンター内

空調設備は非常用発電設備から電力を供給しているため、停電時にも継続的に温度・湿度の管理を行っています。機器のメンテナンスや故障を想定したN+1構成や、外気空調方式の採用により空調設備に係る消費電力抑制と効率化を図っております。

特長4  万全の耐火対策

データセンター内は空気中の微粒子を検知する超高感度煙検知システムを設置し、火災の初期段階で検知します。消火システムには不活性ガス消火システムを採用しており、万が一の火災が発生してもサーバーをはじめとした機器類に損傷を与えずに消火が行えます。

特長5  厳重なセキュリティ対策を完備

セキュリティ

ICカードや生体認証による入退室制限、24時間の有人対応による受付や敷地周辺および建物内部にCCTVを設置。情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格であるISO/IEC27001:2013(JIS Q 27001:2014)および、ISMSクラウドセキュリティ認証であるJIP-ISMS517-1.0(ISO/IEC 27017:2015)を取得しており、高度なセキュリティ環境及びITサービスマネジメントを提供。

特長6  東京近郊レベルのレイテンシ(通信遅延)

ネットワークのレイテンシは3.5ミリ秒と東京近郊と同レベルのレスポンスを誇ります。


PAGE TOP