データセンター情報

サーバー本体の安全を確保する、災害に負けないデーターセンター

情報資産の確かな保全が、ビジネスに大きな影響を及ぼす現在。自然災害や火災などの人災、不法侵入などの脅威から、お客様のビジネスと事業継続に必要な重要情報資産をしっかり守るために、シーズホスティングサービスでは、万全のセキュリティ対策が施されたIDCフロンティアのデータセンター(有明、北九州)を利用しています。

ネットワーク上流でDDoS対策を実施

IDCフロンティア

データセンターでは、安定したネットワーク環境の甚大な脅威となるDDoS攻撃についても、検知から防御まで自動で実行しており、データセンターご利用のお客様の通信状況の安定と安全をしっかりプロテクトします。

お客様の事業継続と大切な情報資産を守るためにも、シーズホスティングサービスでは、設備と技術に万全のセキュリティ対策を施したデータセンターを活用しております。


東京有明第一データセンター

特長1  抜群の耐震性

東京データセンター外観

広域的な防災拠点として、安全性の高い、東京都・都心エリアに立地されており、東京都整備局発表の危険度特性評価でAAAを獲得しているデータセンターです。また、臨海副都心の防災基本計画に基づいた高潮対策、液状化対策が施されており、大規模災害発生時においても万全の防災機能を備えています。


特長2  高性能な電源設備

東京データセンター電源設備

1000KVAの容量を持つUPS(無停電電源装置)を通じて電気を供給しております。また、非常用電源として緊急切替用バッテリー、備蓄燃料、連続18時間運転可能なガスタービン発電機を備えており、万が一の時にも、電力の供給が途切れないよう、しっかりとした対策が取られています。

特長3  完全冗長性の空調システム

東京データセンター空調システム

サーバー管理に必要不可欠なものである最適な空調を保つため、冷却システムを中心に複数のユニットを備える多重空調管理環境をご用意しています。


特長4  万全の耐火対策

東京データセンター耐火対策

空気中の微粒子を感知する事で、火災を予兆レベルで警報を発する超高感度煙検知システムの導入や、機器等に損傷を与える事無く消火可能なガスベース消火システムの導入を実施。万全の火災対策を行っております。


特長5  厳重なセキュリティ対策を完備

ICカードによる入退室制限や、24時間常駐の警備員、ビデオによる24時間監視システム、設備監視システムの導入はもちろん、情報セキュリティの認証基準である「ISO/IEC27001:2005(JIS Q 27001:2006)」、更に、サービスマネジメントの国際規格である「ISO/IEC20000-1:2005(JIS Q 20000-1:2007)」を取得。高度なセキュリティ環境及びITサービスマネジメントを提供しています。

北九州データセンター(アジアン・フロンティア)

特長1  災害の少ない安定した環境

北九州データセンター外観

自然災害の発生が少なく、浸水予想区域にも指定されていないロケーション(北九州)に立地されているデータセンターです。文部科学省や北九州市建設局計画課によると、地震、河川氾濫、地滑り等の自然発生危険度が低い地域とされており、ディザスタリカバリの拠点としてのご利用に最適の環境です。


特長2  高性能な電源設備

広域的な防災拠点として、安全性の高い、東京都・都心エリアに立地されており、東京都整備局発表の危険度特性評価でAAAを獲得しているデータセンターです。また、臨海副都心の防災基本計画に基づいた高潮対策、液状化対策が施されており、大規模災害発生時においても万全の防災機能を備えています。

特長3  最新の次世代型空調最適化ソリューション

北九州データセンター空調ソリューション

北九州のデータセンターでは、空調電力使用やCO2排出量の削減を考え設計された次世代型空調最適化ソリューションを導入、環境への配慮もしっかりと行っています。また、熱循環効率の改善や空調効率の最適化を追求したソリューションとなっているため、高集積サーバーの運用などにも最適な環境です。


特長4  万全の耐火対策

空気中の微粒子を感知する事で、火災を予兆レベルで警報を発する超高感度煙検知システムの導入や、機器等に損傷を与える事無く消火可能なガスベース消火システムの導入を実施。万全の火災対策を行っています。

特長5  厳重なセキュリティ対策を完備

北九州データセンターセキュリティ対策

バイオメトリックセンサーによる入退室制限や、24時間常駐の警備員、ビデオによる24時間監視システム、設備監視システムの導入はもちろん、情報セキュリティの認証基準である「ISO/IEC27001:2005(JIS Q 27001:2006)」、更に、サービスマネジメントの国際規格である「ISO/IEC20000-1:2005(JIS Q 20000-1:2007)」を取得。高度なセキュリティ環境及びITサービスマネジメントを提供しています。


PAGE TOP