フルマネージド 専用サーバー構成例

サーバー構成を見直しシステムダウンなどリスクを回避

負荷分散・冗長化構成

サーバー負荷や万が一の故障に備えたサーバー構築

サーバー運用していく上で、サーバーの負荷や障害に対しての対策は重要です。
「一時的なトラフィックの増加で大量のアクセスを処理できない」または「サーバーの故障などによる障害時にサービスを止めずに運用したい」といった、サービス損失につながる事態を招かないために、サーバーの負荷分散や冗長化を行うことでリスクを軽減できます。

解決したい問題

  • ・ 大量アクセスなどで1台のサーバーで処理できない。
  • ・ サーバー故障などの障害時でも、サービスを止めずに運用したい。

ロードバランサーを組み合わせ、負荷分散や冗長化を実現

利用者が多いサイトにおいては、専用サーバー1台では処理が追いつかない場合があります。
サーバーの処理能力はサーバー性能そのものをアップグレードする事で対応できますが、サーバー1台の処理能力ではハードウェアだけでなく、OSなどソフトウェア面に限界があるため、ハードウェア障害時のサービス停止を避けることは難しくなってしまいます。こうした場合、ロードバランサーを導入することで、負荷分散と冗長化を実現できます。

[ ロードバランサーを使った負荷分散と冗長化 ]

ロードバランサーを利用し、WEBサーバー2台にアクセスを分散します。

ロードバランサーを使った負荷分散

負荷分散・冗長化構成の基本的な構成です。DBの処理よりもWEBサーバー側の処理負荷が高い場合に有効です。

[ 構成費用の目安 (最小構成) ]

構成機器 初期費用 月額料金
専用サーバー・スタンダード (3台) ¥0 (※1) ¥150,000
専用ロードバランサー (1台) ¥150,000 ¥50,000
専用ローカルネットワークHUB ¥10,000 ¥1,000
合  計 ¥160,000 ¥201,000

※全て税抜価格です。(※1) 利用期間6ヶ月の場合

専用ロードバランサーの詳細

機器故障によるシステムダウンを軽減

専用サーバーはハードウェアを1台専有してご利用いただくサービスであるため、サーバーのハードウェア故障は致命的なシステムダウンの原因となります。
サーバー機器などの故障によるサービス停止の場合、弊社では24時間・365日の監視体制でお客様のサーバーの異常検知を行い、可能な限り迅速に復旧を行っておりますが、復旧までのサービス停止をゼロにすることはできません。
こうした事態を軽減化するには、複数台構成でWEBサーバーなどを2重化することにより、サーバー機器の故障によるシステムダウンのリスクを抑え、サービス停止を軽減することが可能です。

フルマネージドならエンジニアによるサポートが充実

弊社の提供するフルマネージドであれば、サーバー間のデータ同期や複数台構成のサーバー設定、さらにシステム面も考慮した導入のポイントアドバイスなど、ご提案から運用までサーバーエンジニアが直接サポートします。

フルマネージドの詳細

関連オプションサービス

その他のサーバー構成例

お客様の要件に最適なサーバーとマネージドサービスをご提案いたします。

お問い合わせ・お見積りフォーム フリーダイヤル 0120-044-412

PAGE TOP