サーバー保守・運用事例

サーバー監視で障害兆候を検出・阻止


利用中のサーバーについてお客様と情報を共有する

弊社がお客様のサーバー運用監視を行っている中でもっとも多い現象は、メモリ使用率の上昇やCPUの負荷、ロードアベレージ上昇など高負荷のアラートです。こうしたサインを元に、現場のエンジニアだからこそ、行える対応があります。

とあるお客様のサーバーで、メモリの使用率が急に上昇したアラートを検知したため、弊社エンジニアからご連絡したところ、お客様側でシステムの変更中だったというケースがありました。このように平時の利用でアラートが上がってしまう場合は、アクセス集中などが発生した際、何らかの障害となる可能性が高いため、エンジニアから改善の提案を行い、設定のチューニングやシステムの変更を検討いただくなど、ご利用中のサーバー運用を潤滑にするお手伝いをしています。

この様に日々の運用の中で、お客様と密に連絡を取ることで、万が一の危険性があるという認識を、お客様と共有しているため、いざ障害が発生した時にも慌てずに迅速なやりとりが行えます。
トラブルの可能性に対し技術面はもちろん、お客様の心の準備としてもクリアできるよう、心がけながら保守運用を行っているため、弊社のサービスを長くご利用いただいているお客様は、高いアクセスが予想されるキャンペーンなどの前日に「アクセスが多い可能性があるので注意して欲しい」という連絡を事前にいただくこともございます。

自動死活監視とリソースチェックで障害を予見

ホスティング会社の多くは、死活監視を標準の運用メニューとして提供しているので、サーバー停止など深刻な事態が起こってしまってから、お客様に障害の連絡が入るといった順序が一般的になります。

当然サーバーやシステムが停止したなら一刻も早い復旧のため、迅速な連絡が欲しいものですが、本来出来ることならサーバーの停止という深刻なトラブルに陥る前に、障害の兆候などから事態を予見し、解決の道筋を示して欲しいというのがお客様の偽らざる希望ではないでしょうか?

シーズホスティングサービスでは、お客様の利用の実態に合わせた監視サービスを提供しています。
自動監視システムでApache、SMTP、SSHなど基本的なポートの死活監視と、CPU、メモリ、ディスクの使用率などのリソース監視を専任のエンジニアが行い、事前にトラブルの予兆を見出すことで、サーバー停止などの事態を未然に防ぐことが出来ます。
また、ハードウェアのトラブルに関してはデータセンターで毎日、物理故障の目視確認を行っているため、完全に故障する前に交換対応が可能です。

障害検知だけでなく、システムアップグレードの提案にも監視を活用

弊社の提供するフルマネージドは、専任エンジニアの監視による事前対策や先を見据えた提案が可能です。
サーバースペックのアップグレードもリソース監視の数字を元に、グレードをお客様と共に検討し、アラートのしきい値はここまでなら許せる、など細やかな認識も共有しながら、次の段階を見据えたサーバーアップグレードを費用感も合わせて事前に相談して運用していきます。

このように弊社では、個々のお客様に合わせたサービスを提供するケースが多く、一律なメニュー化が難しいサポート内容であるため、サーバーの運用について様々な話をしながら関係性を築き、そこから生まれるサポートに価値を見出していただけるなら、お客様の成長を長く支えていけると自信をもっております。

チーフエンジニア

チーフエンジニア

巨大で複雑なネットワーク構成を有する、大規模システムのサーバー保守を担当していたが、その手腕が買われ、ネットワークグループの責任者を兼務することに。サーバースペックの低い時代からトラブルシューティングをしてきたので、その実力は折り紙付き。


お気軽にお問い合わせください。サーバーのプロがお答えします!

お問い合わせ・お見積りフォーム フリーダイヤル 0120-044-412

PAGE TOP