MANAGED SUPPORT

rootアカウント管理

  • フルマネージド
  • ライトマネージド

rootアカウントとは

「rootアカウント」とはサーバーの管理者アカウントのことをいいます。サーバーの状態を確認したり、アプリケーションのインストールや設定作業をする場合は「rootアカウント」でログインし、管理者権限で実施する必要があります。

[ rootアカウントのログインが必要な作業の一例  ]

  • バックアップ設定
  • アプリケーションのインストールや設定
  • リソースモニターや監視の設定
  • サーバー状態の確認
  • OSに関する操作

フルマネージドをご利用の場合

フルマネージド

フルマネージドをご利用の場合、「rootアカウント」が必要な作業をすべて専任のエンジニアが代行します。また「rootアカウント」は弊社でお預かりし、漏洩などしないよう厳重に管理するので安心です。

フルマネージドの詳細はこちら


ライトマネージドをご利用の場合

ライトマネージド

ライトマネージドをご利用の場合、サーバー管理ツール「Plesk」を標準提供するので、様々なサーバー設定をお客様自身で行うことが可能です。
「rootアカウント」は弊社で管理を行い、ログインしなければ実施できない作業につきましてはフルマネージドと同様、専任のエンジニアが作業を代行いたします。

ライトマネージドの詳細はこちら


セルフマネージドをご利用の場合

セルフマネージド

セルフマネージドをご利用の場合は、お客様に「rootアカウント」を引き渡しますので「rootアカウント管理」はお客様自身で行っていただく必要がございます。

セルフマネージドの詳細はこちら


関連するサポート内容 一覧

関連するマネージドサポートの各種設定・調査・インストールなどの詳細ページ一覧。

サーバーサポートの内容に関するご質問・ご相談はお気軽にお問い合せ下さい

お問い合わせ・ご相談フォーム フリーダイヤル 0120-044-412

PAGE TOP