サーバー保守・運用事例

サーバーの設定変更でサービスダウンを緊急回避

サーバー増設以外の方法でパフォーマンスをアップする方法があります

急激なアクセスの増加によるパフォーマンスの低下がサービス障害のトリガーになるケースがよく見られます。パフォーマンスの問題を解決するため、サーバー増設の話になりがちですが、ApacheやMySQLを適切にチューニングすることで、サービス障害を回避できることもあります。

しかし、制作会社などWebサービスを提供する企業では、PHPやMySQLのコマンドには精通していても、運用に適したサーバー設定には詳しくないことも多いようです。

パフォーマンストラブルは誰の責任?

サーバーのパフォーマンスが低下すると、Webサイトが閲覧できなくなる場合があります。
この問題を問い合わせてもホスティング会社からは、Webアプリケーション側の問題であるため原因不明で責任範囲外と回答を受けることもあるでしょう。

サーバー関連のトラブルが起こっても、システム会社と運用するホスティング会社が分かれていると、責任の所在の切り分けができずに、問題解決までに時間がかかってしまうことも珍しくありません。

パフォーマンストラブル発生時の対応策

弊社ではパフォーマンストラブルが発生した場合、最初にログを調べて問題個所を推定し対策を立てます。
リソースを確認した上で、システムの処理速度が追い付いていなければ、ApacheやMySQLの設定を見直し、チューニングできる部分を探したり、それ以外のオープンソースにキャッシュを持てるかなど検討します。
こうしたチューニングの基本となるのは同時接続数とメモリの割り当て設定です。

アクセスが多いと同時接続数のみを増やすという判断もありますが、それではメモリが不足してロードアベレージ(実行待ちのプロセス数の平均)があがり、余計にWebサイトが見られなくなる場合があります。
弊社ではこうした場面で逆転の発想を持ち、アクセス数が多いからこそ、同時接続数を減らし多少の待ち時間が発生しても、アクセスの1処理を確実に終わらせ、サイトを見られる人を増やす、という対応策を提案します。
もちろん状況に応じて適切なチューニングを行うことは容易ではありませんが、弊社には豊富な経験と技術の蓄積があるため、効果的な対応が可能です。

シーズホスティングサービスでは自社で開発したシステムの保守も行ってきたため、パフォーマンストラブル対策としてApacheやMySQLのチューニングを日常的に行ってまいりました。このためフルマネージドをご利用のお客様にも、アプリケーションを絡めた保守を提供できています。

問題を解決するためには闇雲なチューニングでは効果は上がりません。お客様のご要望を伺い、システム会社と連携を取りつつ、長年に渡る経験の蓄積を元に、ケースバイケースで調整に取り組んでまいります。

チーフエンジニア

チーフエンジニア

巨大で複雑なネットワーク構成を有する、大規模システムのサーバー保守を担当していたが、その手腕が買われ、ネットワークグループの責任者を兼務することに。サーバースペックの低い時代からトラブルシューティングをしてきたので、その実力は折り紙付き。


お気軽にお問い合わせください。サーバーのプロがお答えします!

お問い合わせ・お見積りフォーム フリーダイヤル 0120-044-412

PAGE TOP